わからず屋のトランプ大統領は為替への影響はわかりやすい

大統領になる前から次から次へと問題発言を繰り返して毎日のようにニュースを騒がせているトランプ氏ですがことFXに関しては物凄くわかりやすい言動を繰り返しています。
秋頃から年末にかけてはドル高を容認するような発言を繰り返していたために1ドル118円まで円安が進みました。
この就任前のトランプ氏の世界に向けてのスタンドプレーと駆け引きは凄まじいものがあって対日本だけでも安倍首相どころかソフトバンクの孫社長とまで会見を行い、グローバルの政治力があることをアピールしていました。

今となってみればこの時期のトランプ氏の戦略は、レームダックになっていたオバマ政権の任期のうちに大統領就任予定者という無責任な立場からドル高政策や日本への軍備増強要請など、実際に大統領になってからでは進めにくい政策を「進めるフリ」をしていたのでしょう。

実際この時期は私も含めてFX市場参加者はトランプ氏のスタンドプレーに慣れっこになっていてこの「トランプ就任までの期限付きドル高トレンド」で安定的に投資することができました。

そして年が明けてトランプ氏が本当に大統領に就任してみると、やはり彼は極端な「アメリカ・ファースト」政策を取り始めトヨタやフォードの工場を政治力で脅かしてでもアメリカ国内に留めさせる工作をしたり中国を「為替操作のグランドチャンピオン」などと名指しで露骨に中国政府の元安誘導を非難し始めたりして上がるに任せていたドル高トレンドを一気に逆方向に引っ張っります。

大企業の生産部門を国内に止めさせる、もしくは呼び戻す政策をとっている以上はそれらの企業の国際競争力を維持するためにドル安誘導のための口先介入を繰り返すのがトランプ氏の戦術だろうというのも市場参加者の常識になりつつあるので、しばらくの間はトランプ氏が何か国際的な発言をするたびにドル安要因に拍車がかかる展開が予想できます。

わからず屋の大統領ですが、今のところはFXの参加者にとって単純明快な行動を取る与し易い大統領です。