仕事の合間にやる株

私は仕事の合間に株をやっています。
あまり元本も大きくなく、リスクが大きすぎる株も怖いので、東証一部の株で、かつ一株あたりの値段が高くないもので売買しています。

IPOの優良銘柄が当選したときは、元本にしてはかなり短期間で儲かりますが、普通の株で儲けるのは至難のわざです。
手数料や税金もかかるので、実際かなり薄利ですが、時間の空いた時の副収入程度なので、大損しないようにだけ気をつけています。

以前、投資信託も経験しましたが、元本が少ないと、あまり利益も得られず、手数料率も高いので、思ったタイミングで売買する決断がうまくいかず、株に切り替えました。
ここ最近では、EU離脱のときの投票直後・アメリカ大統領選挙の日の急激な円高のときに、買った銘柄が、回復してきたことで、儲かった利益が1番大きく、それ以降はあまり大きくは儲かっていません。

知識が浅いので、なかなか、大幅に円高になるような出来事があった時などにしか、買うという決断ができません。株を始めてまだ数年ですが、若干プラスかな?というくらいの利益です。
始めた時は、有名な証券会社の方が儲かるという勝手なイメージで、利用していたのですが、手数料が高いため、アドバイスをもらったところで、手数料と税金を差し引くとあまり儲からないことに気づき、今はネットの証券会社を利用しています。IPO銘柄の抽選に参加したいときのみ、大きな証券会社を利用するようにしています。

結局、株に必勝法は無い

日中、株価をスマートフォンで見ています。本当は仕事中なのでダメなんですけどね。前の日にネットサーフィンをして気になる株を登録しておいて、それの値動きを見ています。昔ならすぐに買いを入れていた場面でも、やっと抑えが効くようになってきました。それでも、今でもジャンピングキャッチをしてしまいますが。

買う買わないは別として、活況な株の板をリアルタイムで見ていると本当に面白いです。昔の個人投資家と違って、今は有利ですよね。
でも、ツールが揃ったからといって勝てるわけではありませんでした。現在も勝ててはいませんし。

結局、草野球レベルのバッターが、どれほど高反発の最高級バットを買ったところで、球に当てる技術が無ければ前に飛びません。それと同じで、素人がどれほど便利なツールを手に入れても、使いこなす技術が無いので意味が無いのです。勝てないのです。

チャート分析も手書きだったころに比べれば遥かに楽に素早く出来るようになりました。
上げの二つ星、赤三兵、はらみ線、放れ三手、並び赤、毛抜き底、最後の抱き陽線、三空踏み上げ、逆襲線、明けの明星、差込線、捨て子線、たくり線、連続タスキ、出会い線、戻りは空まで、トウバ線、ツタイの打ち返し、三羽烏、あて首線などなど。
これらが一瞬で、どの株価に出ているかさえも分かるというのに、全く勝てません。
勝つには結局、野球と一緒で、地道に走り込みをしたり素振りをしたり出来る人だけなのでしょう。

投資は何からはじめるか

投資に興味を持ち出したのは、20代の後半くらいでした。それまでは投資にあまり興味がなくてただ給料を貰って余ったお金は銀行の普通預金に預けたままにしていましたが、預けていても利子もつかないので何か投資をはじめてみようと考えました。1番はじめにやったのが金投資です。これは月々決まった額を預けてその金額で金を購入する物です。金は有事に強く、また国内だけでなくどこの国に行ってもその価値が保証されるのではじめました。

次にはじめた投資が投資信託というものです。これは、多くの人からお金を集めて投資の専門家が運用して利益が出れば、それを分配金として貰えるという物です。自分自身ではどのような物に投資すれば良いのかを理解する事が出来ていなかったので投資の専門家に任せようと思い投資信託をはじめました。分配金を受け取る時期は様々ですが、私は毎月分配型の物を選びました。毎月分配型なら毎月特定の日に利益が出れば分配金を受け取る事ができるからです。本来であれば、自分自身で投資先なども選ぶのがベストだと思いますが自分自身の力ではできないと思い力を借りようとはじめました。

国内株式は魅力的。
国内株式は上場しているだけで数千社ほどあります。どのような株を選べばよいのか難しいのですが、株主優待などが充実しているところや配当金がしっかりと出ているところを中心に選ぶようにしました。国内株式の魅力は配当金と売却益です。良くその会社の事を理解してから投資をする必要があります。

株主優待は銀行のノベルティよりも素敵

銀行の金利があまり良くないので、定期預金の3割位で株を始めることにしました。配当金や株主優待券があるものは、銀行の定期預金の利率の倍以上もらえる算段になります。私は主婦なので、株主優待券は絶対に消化する覚悟で株を選んでいます。

株の怖いところは、元本割れするリスクだとよく言われます。主婦でお小遣い程度しか投資できないのであれば、優待をもらえる最低保有株数が10万円前後のものをいくつか購入するのがオススメだと聞きました。1株あたりの単価が安いものだと、値下がりしたところでたかが知れています。1株500円の株が400円になったところで、家計にダメージを与える程の金額にはならないからです。とは言っても値下がりしたら、精神的ダメージもありますよね。せっかく投資するんだから、やっぱり勝ちに行きたいと思って欲しい株を絞り込んで毎日株価をチェックしています。

欲しい銘柄が決まったら、購入できるだけのお金を口座に入れておいて値下がりするタイミングを狙います。やっぱり割安で購入した方が勝てる気がするからです。経済の動向は詳しくはないのですが、日経平均株価が下がったらだいたいの日本の企業の株も値下がりしています。株価は景気の雰囲気の流れで上がったり下がったりするものなので、お買い得価格かなって思ったらすぐに買うようにしています。ちょっと考えてから買おうとしていたら、結局タイミングを逃してしまう事も多いと思います。

株を購入したら、株主優待を楽しみに待つのみです。カフェの割引券だったりお米だったりクオカードだったりと、もらってうれしい優待だとプレゼント的な感じで楽しめます。銀行のノベルティよりよっぽどいいものがもらえると思います。

色々やってみるとそれが自分の財産になったりして

ただいま、色々株式投資をしてみたらその知識を使って仕事がいただけるようになりました。
なんか嬉しいなぁって素直に思っていた株式投資ですが、頑張ってやってみるものだなって素直に思いました。

今は自分で記事のタイトルを考えたりとかもしているので単価もアップしていてとっても嬉しいですね。しかも、最近は資産運用にお金をかなり入れることができるようになったので、その意味で余計にいろんな記事が書けるようになって嬉しいです。

この稼ぎながら自分の資産を殖やすっていう方法かなり気に入ってます。なんたって自分の経験がすべて生きますからね。投資をはじめて、色々社会のことに興味がわきましたが、そろそろFP資格とかもとろうかなって思ったりもしているところです。それを記事にするだけで、かなり前向きにできるよな?って思ったりしています。さっそく今日試験の書類とかをもらってきたりしました。意外と3級レベルであれば、3000円くらいで受験できるみたいですし、そんなに難しく考えなくても自分でもできるかも?なんて思っています。

試験内容とか色々調べないといけませんけど、そういったところから記事にできたら最高だなって思ったりもしているところです。ちょっと企業さんの方にも声をかけていきたいかなって思ったりもしています。お金の勉強をすることで、自分の市場価値とかを高めていければいいかなって思ったりしています。投資からいろんな仕事の方向性まで広がってとても嬉しいです。

怖さを知らずに手を出した「信用取引」で、あっという間に退場

もう何年も株をやっているのも関わらず、未だに上手くなりません。損してばかりです。
欲を出すからいつも失敗してしまうのです。
でも、欲を出さないと儲かりもしません。
何だか「禅問答」のようになってしまいました。

前は根気よく「バリュー株」を探して、その株の「底値」を見極めて買おうとしていました。
これはなかなか気が短い私には厳しくて、精神的に参ってしまいました。

江戸っ子なので、待てないのです。
次にやったのは、出来高が急増している株を見つけて飛びつくという方法です。
俗に言う「イナゴ式」です。

これは最初のうちは成功していました。気の短い私の性格にもマッチしていました。
20万円から始めて、だんだんと増えていき、50万円を超えました。
ここで気が大きくなってしまいました。

積み立てていた200万円を株の口座に移してしまったのです。
ここから、一気に買い方が荒っぽくなりました。
100万円の株を買って、その日のうちに103万円で売る。
これが結構上手くいきました。これでますます勘違いしてしまいました。
これならば「信用取引」をしてもいいのかもしれない。
そんな風に考えてしまったのです。

素人の私には「信用取引」の本当の恐ろしさは分からなかったのです。
新興市場の成長株に、一気にお金をつぎ込んでしまいました。
これはイケると勝手に思い込んでいた私は、その会社の株を大量に買い込みました。
ある日を境に、その株は急落しました。

下がれば損失額も3倍になる。それが「信用取引」だったのです。
私は合っという間に資金を全て失いました。

株式投資(IPO)に奮闘中

私は50代の男性ですが、将来の資金的な不安感から投資を始めました。株価が変動し、はらはらするいわゆる株式の取引ではありません。私が行っているのはIPOという新規公開株の取引です。
 
株の取引について全く知識がなく、とても怖かったので株取引のリスクを書籍で簡単に調べてみました。その結果、IPOの取引はリスクがきわめて低いことがわかりました。良い銘柄さえ選んでおけば自分が損する可能性がほぼないことがわかりました。

それらのことがわかったので、すぐにネット銀行(ジャパンネット銀行)と証券会社3社を登録しました。登録するのが初めてで、かなり緊張しましたが、比較的簡単に行うことができました。登録するだけで、半分、株取引をした気分を味わいました。

株取引の気分だけに浸っていては始まらないので、実際にどうやってやればいいのかネットでさらに詳しく調べてみました。最初は偽情報が混じっているのではないかと思いましたが、いくつかのサイトを見てみると同じようなことが書いてあるのでだんだん安心できるようになってきました。そして、やり方をプリントアウトして、PCの横において作業を進めました。おそるおそる手順どおりPCのキーを入力していきました。そうすると、プリントアウトした資料通りに進んで行きました。そして、IPOの抽選予約をすることができました。

現在はIPOのやり方にもだいぶ、慣れてきています。戦績は今のところ、芳しくありませんが、当選確率をあげるための戦略を虎視眈々と狙っているところです。

投資のやり方について

アメリカの株式市場が堅調なときはやはり日本国内の株式市場も堅調であること多いです。そのような時は、東証一部上業企業の中の主に日経平均株価に採用されるような大企業の株価というものは割安ではなくすでに割高になっているというケースが多くなっていると思います。

そのような時には東証二部に上場されている所謂割安株にも物色が行き、そちらの株価も割安株から訂正水準まで株価が買われていることが多いのです。
ですから、割安株ばかりねらって購入して、株価上昇をねらうという投資方法をとっている投資家にとって、全体的な株価が堅調であるときは買いたいと思った銘柄であっても株式を購入することは難しくなるのです。

このように、株価が割安でないというつまらない理由で株価を購入しないでいると、投資しなかった株式というものはそこからさらに株価を上げ、悔しい思いをすることがあります。
このようなことならないためには、株価が上げ調子の時には、割安株だ割高株だといったことは考えずに株式に投資しなければもうけるチャンスを失ってしまうのです。

つまり、割安株にだけ投資するというのは一つの投資法に過ぎないので、投資家というものは市場の動向に合わせて自分の投資スタイルも変化させなければならないのです。

このようなことを端的にいてしまえば、株式投資とは自分自身の尺度に当てはめてそれにあてはまる銘柄だけに投資をするといった小さな投資方法をとるだけでは市場の大きなうねりが来たときにそのうねりを利用して大きくもうけることは難しいといえます。

最近貸株金利が気になっております

株式投資をしていても、売買なんてすぐにはできなくて、つい買ったままホールドしちゃうバイ・アンド・ホールドをしちゃうんですよねぇ。別に意識しているわけではないのですが、普段は仕事もしているし、頻繁にやりとりはできないので、ひとまずこのスタイルも仕方がないかなって思っています。

でも、ただ持っているだけなのもなって思って、貸株サービスを利用しています。これが結構すごくて、毎月金利が受け取れたりします。金利は普通の株だと0.1%なので、毎月といっても1円2円の世界なのですが、意外とチリツモで、今300円程度もらえたりしています。ランチ一食分くらいにならないかな?って最近思っているところです。

でもこれはNISA口座に入れている株には適用できないんですよね?。それが辛くて悲しいところでもあります。今年のNISA口座の枠も100万円近くありますし、それを使いきってから特定口座とかに株を買うので、この額が増えるのはちょっと先になるかな?とか思っているところですけどね。

でも、どんどん特定口座で金利の高い株を購入して自分の資産を殖やしていければいいかなって思います。最大で15%くらい金利がつく株もあるみたいなのでそのうちそういった大きめなものも買ってみたいですね。ま、金利が高いのにはそれだけ流動性があったりと危険も伴うからなので、ほどほどのものをゲットして資産を殖やしていければいいかなって思っているところです。

株式投資ビギナーの戯言

私は、2016年の12月から株式投資を始めました。株式投資を初めたきっかけは、金持ち父さん、貧乏父さんというロバートキヨサキさんの本を読んだからです。この本にはたくさんの教えがありますが、特に資産を持って、お金が入ってくるような仕組みを作ることが大切で、それによって得た不労所得で生活することで自由な生活ができるという点がとくに僕の心を打ちました。そんなこんなでその書籍に影響されて、まずは株式投資だとおもって、始めました。

右も左もわからなかったので、とりあえず証券会社に証券口座を開いて、株を買ってみることにしました。幸い今は非課税で株を始められるNISA口座があるので、それを利用して株を買いました。

最初は何が何だかわからず、指値と成行すらもわからず始めました。とりあえず指値だと約定がしにくいということを聞いたので、1ヶ月くらいは成り行きでバンバン株をかっていきました。今になって振り返ってみると、これは完全に失敗でした。あまりに高値掴みをしていたからです。自分が高値掴みをしていることすら2ヶ月後くらいまでは気づかなかったのですが、株価が急に下がって来て、気づきました。

私は、株で損をして良いと思っています。そして、損をすることは悪いことではないと思います。株式投資は元本がなくなる可能性がある代わりに、値上がり益や配当金などが得られるものです。つまり、そういうものの代償として、お金を失うことがあるわけです。そこについては、理解してやっています。もっとも、なにが悪かったかや次の投資に活かすために何をするかをしなければ意味がありません。

私はそのことに気づき、株式投資について今たくさん勉強をしています。いまだに多くの利益をあげれているわけではありませんが、投資が効果を発揮するのは複利です。これからも長く続けていきたいと思います。