仮想通貨はなぜ注目されるのか

仮想通貨はなぜ注目されるのか今、仮想通貨が注目を集めています。

仮想通貨の代表的存在である「ビットコイン」は短期間で最高値を更新し続け、他にも様々な仮想通貨に関するニュースが日々耳に入ってきます。

仮想通貨事業に参集する企業も増えています。なぜここまで仮想通貨は注目を集めているのでしょうか。

その理由の一つは、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術にあります。

「ブロックチェーン」とは仮想通貨を実現可能にした新しい技術で、その最大の特徴は「ブロック」という仕組みを使うことで、台帳の分散化を実現したことにあります。

電子的なデータでしかない仮想通貨を「通貨」として使えるようにするには、最低限「誰が仮想通貨をどれだけ持っているか」や「誰が誰に対して仮想通貨を送ったか」などが常に記録され把握されていなければいけません。

従来の店舗のポイントカードなどは、そのお店を運営している企業がポイントカードも全て管理していたわけですが、仮想通貨に代表される「ブロックチェーン技術」では、それが分散化されているのです。

つまり全ての「誰が仮想通貨をどれだけ持っているか」や「誰が誰に対して仮想通貨を送ったか」といった記録が納められたデータベース(台帳)が、新しい技術によって世界中のコンピューターに暗号化された上で分散化され、さらにそれを更新する処理も同様に世界中のコンピューターに分散化されているのです。

このように、必要なデータベースと処理能力の両方が分散化されていると、システムエラーや改ざん・不正に対して耐性がとても強くなります。関わっているコンピューターが世界中に分散しているわけですから、特定の一台が故障したり、特定の一台で不正が行われたりしても、全体では影響を受けないのです。

仮想通貨の場合、自分のコンピューターを仮想通貨の維持運営に参加させる行為は「マイニング」と呼ばれ、「マイニング」を行った人はその見返りとして仮想通貨を受け取れる仕組みとなっています。

私も自分のPCで少しだけマイニングを行ってみたところ、行った時間に応じた仮想通貨を受け取ることができました。