仮想通貨の現状と未来について

仮想通貨は種類だけでも1000種類以上あり、仮想通貨を始めたばかりの初心者にはどれの仮想通貨を選べばいいのか迷ってしまいます。

それぞれの仮想通貨には特徴があります。

例えば、仮想通貨の代表である「ビットコイン」。
日本でも仮想通貨であるビットコインで支払える店舗が増えてきましたが、世界に比べてまだまだ認知度がありません。

ビットコインには基本的な通貨としての機能があり「支払い機能」「通貨の送金、受金機能」などがあります。

ビットコインは電子マネーと同じデジタル通貨で、世界中どこであろうと送金手数料は同じで、素早く送金することができます。

通常では、銀行を通じて行いますが、ブロックチェーン技術の管理者がいないため、直接個人間でも取引が可能なのがビットコインの特徴です。
仮想通貨の取引できる取引所も数多く設置されており、複数種類の通貨と取引することができます。

例えば、円とビットコイン、ドルとビットコイン、ビットコインと他の仮想通貨などと様々な取引が可能です。

先程も少し触れましたが、日本でもやっと仮想通貨で決済できる店舗が増えてきましたが、世界では仮想通貨で決済というのは当たり前のことになってきています。

世界中だけではなく、ネットの世界でも買い物する時にクレジットカードの代わりにビットコインで支払うなんてことも出来ます。
しかも、仮想通貨で取引するための口座を作るのに住所がなくても、お金がなくても簡単に作ることができるのが特徴です。