怖さを知らずに手を出した「信用取引」で、あっという間に退場

もう何年も株をやっているのも関わらず、未だに上手くなりません。損してばかりです。
欲を出すからいつも失敗してしまうのです。
でも、欲を出さないと儲かりもしません。
何だか「禅問答」のようになってしまいました。

前は根気よく「バリュー株」を探して、その株の「底値」を見極めて買おうとしていました。
これはなかなか気が短い私には厳しくて、精神的に参ってしまいました。

江戸っ子なので、待てないのです。
次にやったのは、出来高が急増している株を見つけて飛びつくという方法です。
俗に言う「イナゴ式」です。

これは最初のうちは成功していました。気の短い私の性格にもマッチしていました。
20万円から始めて、だんだんと増えていき、50万円を超えました。
ここで気が大きくなってしまいました。

積み立てていた200万円を株の口座に移してしまったのです。
ここから、一気に買い方が荒っぽくなりました。
100万円の株を買って、その日のうちに103万円で売る。
これが結構上手くいきました。これでますます勘違いしてしまいました。
これならば「信用取引」をしてもいいのかもしれない。
そんな風に考えてしまったのです。

素人の私には「信用取引」の本当の恐ろしさは分からなかったのです。
新興市場の成長株に、一気にお金をつぎ込んでしまいました。
これはイケると勝手に思い込んでいた私は、その会社の株を大量に買い込みました。
ある日を境に、その株は急落しました。

下がれば損失額も3倍になる。それが「信用取引」だったのです。
私は合っという間に資金を全て失いました。