FX投資や日経平均先物取引 コスト

FX投資の短期取引は非常に難しい。

この理由はスプレットにあります。スプレットが少ないといって何回も取引しているとコスト負けしています。

スプレット=手数料ですね。
なので、相場が大きく動きそう、もしくは動いた時のみトレードに徹することが重要です。みてるとついつい取引したくなる衝動を抑えましょう。

日経平均先物取引も同様、インコストに対しての意識をしっかりもつこと。ラージ1枚買った瞬間、1万円(日経平均10円分)+売買手数料を払ってると思ってください。勝つためには1万円+売買手数料以上の期待値が必要ですね。

FX,先物共にインコストの意識が低いとほぼ破産に向かいます。特にFXは短期的なトレンドもでにくいので、非常に難しいですね。レンジ相場の中で利益を出すのであれば、神業レベルになるでしょう。

大きなトレンドがでるタイミングで取引、これはチャートや売買代金を中心にみていくと良いと思います。大まかに上げ相場か下げ相場をみるには200日移動平均線を軸に考えうと良いと思います。
200日移動平均線より上で価格形成されている場合は、買い目線でタイミングを待つ、下で価格形成されている場合は売りタイミングを待つ。

少し長めにポジションを持ちたいのであれば、200日移動平均線をブレイクするタイミングで取引すると良いかと思います。注意点としてはブレイク狙いは勝率が悪くなります、ド天井になる可能性も高いのです。ただ、中期的に最安値になる可能性も高いので狙っていきます。

ブレイク狙いをするのであれば、ロスカットは非常にタイト目に設定すると良いと思います。買った(もしくは売った)瞬間に相場が動かなければ即ロスカットです。