クロス取引と一口に言っても

株式投資の中で株主優待クロス愛好家と一口に言っても大きく分けて二種類の株主優待クロス愛好家がいるのではないかと思います。

一般信用を使って確実に逆日歩ゼロに抑えるクロス愛好家と一般信用を使わずに逆日歩がいくら位つくのかということを独自の計算方法を用いて計算し、安心できるものは制度信用を使ってクロスするクロス愛好家がいるのだと思います。この二つはともにクロス愛好家なのですが、その考え方は根本的に違っています。

制度信用を使ってクロスする人たちから見ると一般信用しか使わない人たちの行動原理はナンセンスです。
それとは反対に一般信用を使う人は証券会社に払う手数料を考えると本当は制度信用でもいいかもしれないけれども、逆日歩が想定外につくと恐れがあるので、万が一のことが起こると儲けが減るので、保険をかけるという意味合いもかねて一般信用を使ってクロス取引をを用いたクロス取引を行うようなのです。

しかし、一般信用しか使わないタイプは怠惰で一般信用を使っているのではけっしてなく、彼らは株主権利落ち以降にも制度信用での売りにどのくらいの逆日歩がついたか毎回必ず確認し、次回に生かそうとするほど株主優待クロスに関してはたいへん研究熱心なのです。

そのため、今まで一般信用で空売りを行っていた銘柄でも逆日歩がほとんどつかない銘柄だと分かれば、次回の制度信用を使うこともあるのです。しかし、その銘柄に一般信用で空売りができたのならばやはり安全を期して一般信用のお世話になるのです。