FXは精神修行

FXのトレードを行っていると平日の夕方から録画していた映画を見たり、早めに晩酌を行ったりすることがあります。
そういう時は1日のノルマを大きく超える利益を上げた時です。

もう少しトレードを続ければさらに利益を上げられるかもしれません。
しかしトレードを終了します。
なぜなら大きく利益をあげた時にはアドレナリンが大量に発生して一種の興奮状態になっているからです。

この状態でさらにトレードをしても良い結果は得られません。
実際に大きく利益を上げた時にトレードを続け失敗したことが何度もありました。
このため自分のルールとして大きな利益が出た時にはトレードを終了することを課しています。
もちろん人によっては波に乗るように利益を上げ続ける人もいるのでしょう。
しかし自分にはトレードを終了することが合った方法のようです。

このように1日のノルマを達成した後に終了するのは多少の誘惑がありますが実行できます。
しかし大きな損失を出した場合にトレードを終了する、このルールを実行するのは苦痛を感じます。

なぜなら終了することにより1日のノルマ達成が不可能になりますし、損失を出した悔しさを翌日まで持ち越すことになるからです。
トレードを終了した後に感情を抑えるため映画を見たり、本を読んだりしますが頭の中ではトレードのことで溢れています。
これだからこそこのルールは自分に必要なのです。

FXで利益を上げ続けるのは相当な精神力が必要だと思います。
感情の起伏が激しい自分はこれらのルールを課して欠点を補おうとしています。
自分にとってFXは単に投資だけではなく精神修行の行為になっているようです。