株式投資における買い付け余力についての一考察

株式投資の世界では買付余力を常に余裕を持たせていおて資産を運用したほう株価が下がったときに株式を購入できるのでいいと考える人もいるようですし、それを実践している人もいます。

そのような人たちは、株式投資をしている人の中で常に買い付け余力を不必要に余らせている人たちがいます。このような人たちは証券会社の残高に余裕があれば株価が下がったときにも株式を安値で買い増しできるので、このように買い付け余力を常に余裕を持たせていると主張しているようです。このような意見は一見理にかなった方法のように見えます。

しかし、そのようなことを主張する人たちというのは自分でポジションを抱えながら株式相場の暴落がいつ起こってもいいようにしているという二律背反の姿勢をとっているのです。
このような行為は、ただ単に自分の相場観に自信がなく、自分が株式を保有しそれの株式の株価が上昇している時でも常に強気になれずにいる証として買い付け余力を必要以上に余裕を持たせているのです。
本当に自信があるのならば、自分の相場観で大きく相場を張り、もしそれがうまくいったときには利益を享受し、間違った場合には損失を被ることは投資家として仕方がないことなのですが、そのようなリスクとリターンを天秤にかけて相場をまともに張ることができないという行為は投資家としては三流以下です。

つまり、買い付け余力を必要以上に余らせるという行為はリスクをとることもリターン得ることも放棄している逃げの姿勢の表れなのです。